ベネッセ受講してないけれど、チャレンジ小学国語辞典が贈られてきました!

何も買った記憶がないのに、ヤマトの人が来たと思ったら、辞書のプレゼントでした!

 

ベネッセからプレゼント☆チャレンジ小学国語辞典

f:id:HaruSaki:20181123135145j:plain

チャレンジ1年生「考える力体験キャンペーン」・・・

まったく心当たりがないぞ、と思ったけど、、、

 

だいぶ前に、来春1年生になる子を対象に、えんぴつとドリルを全員プレゼント!みたいなのに応募した記憶が・・・

よくわからないけど、大当たりしたのかも!

 ベネッセって大判振る舞いですね。こどもチャレンジもベネッセも受講してないんだけど、こんな立派な国語辞典をもらっていいのかな(*´∀`)

 

6歳の長男は辞書好きの変わり者なので、大喜びしています。

今まで使っていた辞書は、おじいちゃんのお下がり。

f:id:HaruSaki:20181123140132j:plain

 金田一京助先生監修のなかなか年季のはいった辞書だけど、読みやすくてお気に入りでした。

地図や人名事典も掲載されていて、小さいけれどすごく便利。

 

ただ、気になる点もいくつかあって・・・古い辞書なので、地図にはロシアではなく「ソビエト連邦」の文字。

しりとりしていると、「りくなんぷう」とか「すろうにん(←しかも負け)」とか、日常生活では聞かないワードが出てくるのも気になっていました。

 

金田一京助先生のまえがきに、こんな言葉が書かれています。

時代の進歩につれて、ことばは変化していきます。

そして、知っていなくてはならない事がらもふえる一方です。

f:id:HaruSaki:20181123140500j:plain

まったくその通りですね。

言葉をどんどん吸収していくこの時期に、息子に新しい国語辞典が贈られたことは、本当にありがたいことだなと思います。

 

しかも今の辞書って、本当に読みやすくてわかりやすい!

f:id:HaruSaki:20181123141519j:plain

贈られたのは「チャレンジ小学国語辞典」

全ページフルカラー。写真入りで、ふりがな付き。小さい子でも読みやすい工夫がされています。巻末のふろくには、手話・点字・ローマ字・部首・単位などがイラスト入りでまとめられています。

監修は筑波大学名誉教授の湊吉正先生。10年連続売上げNO.1の国語辞典だそうです。

 

実はこの辞書のプレゼントの前に、ベネッセコーポレーションから小学1年生講座の案内の電話が来てたんですが、ドリルの内容が息子にはあまり興味のもてるものではなかったのでお断りしたところだったんですよね・・・(;・∀・)

なんか申し訳ない気もするけれど、国語辞典はしっかり活用させてもらおうと思います!

ベネッセは受講してないからよくわからないけど、小学国語辞典は読みやすくてほんとおすすめです☆