ベネッセ受講してないけれど、チャレンジ小学国語辞典が贈られてきました!

何も買った記憶がないのに、ヤマトの人が来たと思ったら、辞書のプレゼントでした!

 

ベネッセからプレゼント☆チャレンジ小学国語辞典

f:id:HaruSaki:20181123135145j:plain

チャレンジ1年生「考える力体験キャンペーン」・・・

まったく心当たりがないぞ、と思ったけど、、、

 

だいぶ前に、来春1年生になる子を対象に、えんぴつとドリルを全員プレゼント!みたいなのに応募した記憶が・・・

よくわからないけど、大当たりしたのかも!

 ベネッセって大判振る舞いですね。こどもチャレンジもベネッセも受講してないんだけど、こんな立派な国語辞典をもらっていいのかな(*´∀`)

 

6歳の長男は辞書好きの変わり者なので、大喜びしています。

今まで使っていた辞書は、おじいちゃんのお下がり。

f:id:HaruSaki:20181123140132j:plain

 金田一京助先生監修のなかなか年季のはいった辞書だけど、読みやすくてお気に入りでした。

地図や人名事典も掲載されていて、小さいけれどすごく便利。

 

ただ、気になる点もいくつかあって・・・古い辞書なので、地図にはロシアではなく「ソビエト連邦」の文字。

しりとりしていると、「りくなんぷう」とか「すろうにん(←しかも負け)」とか、日常生活では聞かないワードが出てくるのも気になっていました。

 

金田一京助先生のまえがきに、こんな言葉が書かれています。

時代の進歩につれて、ことばは変化していきます。

そして、知っていなくてはならない事がらもふえる一方です。

f:id:HaruSaki:20181123140500j:plain

まったくその通りですね。

言葉をどんどん吸収していくこの時期に、息子に新しい国語辞典が贈られたことは、本当にありがたいことだなと思います。

 

しかも今の辞書って、本当に読みやすくてわかりやすい!

f:id:HaruSaki:20181123141519j:plain

贈られたのは「チャレンジ小学国語辞典」

全ページフルカラー。写真入りで、ふりがな付き。小さい子でも読みやすい工夫がされています。巻末のふろくには、手話・点字・ローマ字・部首・単位などがイラスト入りでまとめられています。

監修は筑波大学名誉教授の湊吉正先生。10年連続売上げNO.1の国語辞典だそうです。

 

実はこの辞書のプレゼントの前に、ベネッセコーポレーションから小学1年生講座の案内の電話が来てたんですが、ドリルの内容が息子にはあまり興味のもてるものではなかったのでお断りしたところだったんですよね・・・(;・∀・)

なんか申し訳ない気もするけれど、国語辞典はしっかり活用させてもらおうと思います!

ベネッセは受講してないからよくわからないけど、小学国語辞典は読みやすくてほんとおすすめです☆

 

 

貧しさと負い目

熱を出した3歳の息子の看病をしながら、専業主婦の私が就活をはじめた意味を考えていました。

f:id:HaruSaki:20181122133305j:plain

私はいわゆる貧乏な家に育ちました。

母子家庭で母はスーパーのレジのパート。月収は12万弱。父からの養育費は途切れつつも高校卒業まで続いたから、実質12〜18万で生活していたことになります。

鉄筋コンクリートの市営アパートは黴臭く、冬は結露で畳が腐ってベコベコになっていました(´・ω・`) 母はときおり発狂し、壁やふすまやトイレの蓋を壊してしまったけれど、元が元だからさほど気にならないような、そんな家でした。

子供部屋としてあてがわれた4畳半に、私と兄は高校卒業まで住み続けました。年子の兄妹だから、思春期ともなれば多少不自由はしたけれど、それなりに楽しく生活していたと思います。兄の卒業後の1年間のほうが、かえって辛かった…

母も、たぶん悪い人間ではなかったけれど。

攻撃的にならざるを得なかった彼女の生き方を、今となっては不憫に思います。

 

高校卒業後、兄は昼間フルタイムで病院事務の仕事をし、夜間大学に通うことを選択しました。国立大の学生寮に住み、学費は半額免除を受け、残りの学費と生活費はすべて自分で捻出していたようです。

私はというと・・・兄という先人のおかげで思った以上に楽に進学することができました。兄と同じく学生寮に住み、授業料は全額免除。

寮費は光熱費込みの月額9,800円。奨学金とバイト代を併せれば、たまに飲み会に参加したり、中古の原付バイクやパソコンを買えるくらいには余裕のある生活だったと思います。

大学の自治寮には同じような貧しい家庭の子が多く、仕送りをもらわず自分で学費を工面している人は勿論、実家の借金返済のために仕送りをするつわものもいました。

今思うと、学生時代は本当に楽しかったです。それなりに忙しかったけど、好きな研究に没頭し、時間が経つのも忘れて友達と喋り明かし、毎日が自由で本当に楽しかった。

すべては、支援があったから。

 

国の、社会の、納税しているすべての人のおかげで、私の学生生活は成り立っていました。

授業料の免除、格安の学生寮、無利子の奨学金。実家の母は格安の市営アパートに住み、祖母は医療費の助成を受けて入院生活を送っていました。

私と私たち家族は、社会の負担だったはずです。それを自覚し、恥じて、隠してもいました。

もし、あの頃の私がそれほど負い目を感じてなかったとすれば、それは社会にとって有益な人間になりうる可能性があったからでしょう。

 

そして今、専業主婦の私は、あの頃と同じような心持ちでいます。

いつか恩返しをしなければ、そう思いながら、今もなお恩恵を受けている。

 

仮に社会のほうが気にしていなくても、私に投資された金額と機会に対する恩返しを、子供たちに託さず、自分で還したい。

働きたい。そう思います。

 

ちなみに母親とは溝が深すぎて直接顔を合わせることはないけれど、年に2回、母の日と母の誕生日に送金しています。

在宅ワークで稼いだお金をネットバンク経由でネット証券にうつして運用し、差益を送っています。微々たるものだけど、最初塩漬けばかり出してたのに、母に送ると決めてからはあんまり損失が出なくなったから、株は不思議。

 

 

義母への誕生日プレゼント

明日は義母の誕生日です。

 

義母は、昔気質で、常識的なしっかり者。顔を合わせるのはちょっと緊張するけど、すごくいい人です。

東北の片田舎。おじいちゃんもおばあちゃんも義兄も、口数少なめで基本あんまり笑わないんですよね(;・∀・) 反応が薄いのでドキドキしますが、みんないい人です。

 

私には実家がないので、義母には出産のときにものすごくお世話になりました。

2人目と3人目の出産で入院しているとき、上の子のお世話をすべて引き受けてくれたのは、ほかでもない義母でした。私の入院中に、旦那が子供を連れて義実家に帰って。家事と子供(と旦那)の世話だけでも大変なのに、毎日のように上の子たちを連れて病室にきてくれて、退院後もなにかと私のことも気遣ってくれて…( ;∀;) 本当にありがたかったです。

 

そんなこんなで、義母の誕生日は日ごろの感謝の気持ちを伝える絶好のチャンスなんですが・・・結婚して3年くらいは母の日も誕生日も、ことごとくプレゼント選びに失敗して玉砕していました(;・∀・)

物欲がほとんどない人なので、息子である旦那のチョイスもことごとくはずして、プレゼント選びは本当に難しかったです。

必要なものはすべて持ってるから、たぶん特にほしいものがないんですよね…

家電好きな旦那が選んだものの中には返却された物もありました(-_-;)

 

でも、子供の写真をまとめたフォトブックとシンプルなセーターをあげたときはすごく喜んでくれたので、ここ数年はフォトブックとケーキと冬物のニットを贈るのがプレゼントの定番です。

 義母のお誕生会にむけて、今年もシンプルなセーターを用意しました。無地で肌触りのいいものが好きみたいなので、毎年同じような定番タイプのものを色違いで贈っています。

 

子供たちからは似顔絵。画用紙に好きなように絵やメッセージを描いています。

長男のは似顔絵?…なのかな?

f:id:HaruSaki:20181116211202j:plain

左の優しそうなのがおばあちゃん。いっしょにどんぐり拾いをしているところだそうです。(右はおじいちゃん。けっこう似てます)

 

あとは、明日ケーキを買って義実家に行く予定です(*´`)

将来の介護のこととか想像するとドキドキなんですが、今のところ、義母も義父も超健康☆ このままずっと元気で長生きしてほしいなぁと思います。

 

 

 

専業主婦歴9年 ☆ ハローワークに行ってみた!

今日は ハローワークに行ってきました!

長女を妊娠中に仕事をやめて以来、ずっと専業主婦。これといった資格もスキルもなく、8・6・3歳の3人子持ち。9年近いブランク・・・

こんな私に務まる仕事なんてあるのかな・・・( ;∀;)?

もう不安しかありませんが、とりあえずハローワークに行ってきました!

 

ハローワークに行ってみた

最寄のハローワーク(田舎なので最寄といっても車で30分以上かかります)

f:id:HaruSaki:20181115125205j:plain

就職活動なんて学生のとき以来。緊張します・・・

初めてだったので、ハローワークに登録するところから。

所定の用紙に基本情報と希望の職種・勤務形態・勤務地など条件を書いていきます。

これまでの職歴を書く欄もあったけど、9年も前のことだから年月日がうろおぼえ・・・(;・∀・)

子どもの年齢を書く欄もありました。

窓口に出すと・・・

f:id:HaruSaki:20181115125325j:plain

ハローワークカードがもらえました!

次回からこれを持ってくるといいらしい。

 

「お子さんいるんですね。4階のマザーズコーナーへどうぞ」

とのこと。

 

マザーズコーナー

f:id:HaruSaki:20181115134542j:plain

マザーズコーナーは4階の片隅にひっそりとありました。

ドアを開けて入ると、おぉ~カラフル!おもちゃがいっぱい!

女性スタッフが笑顔で迎えてくれました。

キッズスペースと授乳室・おむつ交換台が完備されていて、1階とはだいぶ違う雰囲気。1歳くらいの赤ちゃんが盛大に泣いていて、お母さんが一生懸命あやしていました。

みんな、就活頑張っているんだな・・・(´`)

一応、わたしのスペック

*32歳(職歴2年未満・専業主婦歴9年弱)

*旦那と子供3人(8・6・3歳)の5人家族

*旦那は7時出社、21時帰宅なので、平日は家事・育児の協力は望めない。

*大卒だけど虚学が専門

*胃が弱い。

*子供の学費を貯めたい!

 

お仕事相談

マザーズコーナーの窓口で番号札を渡すと、さっそく就職相談をして頂けました。

希望の働き方を伝えたら、具体的な就職先の相談です。

実は自宅で検索したときに気になる仕事があったので、求人番号をメモして持っていきました! 幼稚園の送迎があるから本当は時短勤務が希望だけど、フルタイムの仕事。

パソコンをかりて求人票を印刷して職員さんに見せると、

「幼稚園の送迎の時間を考えると、けっこうギリギリですね・・・これから雪が降ると大変かも・・・」

と心配そうな様子。

 

うん、そうなんですよね。

でも、すごくやってみたい仕事なんです。

 

2人で「う~ん」なんて言いながら、とりあえず応募してみましょうか、という段階になって・・・ パソコン画面を確認しながら首をかしげる職員さん。

 

「あれ?この求人、昨日採用者が決まってますね・・・」

 

えー( ;∀;)!

求人票出てるけど、もう決まってるとかあるの!?

 

やっぱり人気のある仕事はあっという間に決まってしまうんですね・・・

 念のため事業所に電話をかけてくれたけど、やっぱりダメでした。

遅かった。6日前にでた求人だったんですが、即日ハロワに駆け込むくらいじゃないとダメなんですね。

ちなみに、遺跡の発掘と出土品の整理・復元のお仕事でした。残業なしの月14万。

 

似たような求人がでたら電話連絡してくれるそうです。

 

決意表明

今回は応募にさえ漕ぎつけませんでしたが、ハローワークに行ってよかったです。

子連れじゃなくてもマザーズコーナーなんだ!ということに驚きましたが、子育て中ならではの不安や悩みを汲みとってアドバイスしてくれるので、安心して相談することができました。

今回は、完全に私の初動の遅さに問題があった気がします。

やってみたいと思っていたのに、子供の幼稚園の送迎時間に間に合うかな・・・とか、今月入園したばかりの末っ子を延長保育して大丈夫かな・・・とか、あれこれ考えてしまって、なかなか行動に移せなかったのは反省です。

でも、幼稚園の送迎と通勤時間がギリギリだったのは確かなので、少しホッとしているのも事実です。いくらやってみたい仕事でも、子育てと両立できなければダメなんですよね・・・

いずれ面接することになったら、子供のことはきちんと伝えるつもりでいるので、子育てと両立できる仕事をしっかり探したいと思います。現在の子供のこと、これからの子供の将来のこと、考えだすと止まらないんですが、まずは自分がどうしたいか、何ができるか考えて、後悔しないように就活頑張りたいと思います!

 

 

七五三詣りで千歳飴をいただきました

今日は幼稚園の七五三詣りがありました(*´∀` )

子供たちがみんなで神社に参拝して、ご祈祷を受けてきたそうです。

 

ご祈祷していただいた千歳あめ。紅白2本入っています。

f:id:HaruSaki:20181113150519j:plain

6歳の長男はカラフルな野菜スタンプ、3歳の次男はみどり好きを全面に出したシンプルなデザイン。赤いのは日の丸かな?と思ったらリンゴだそう。

 

千歳飴をもらうのも、かれこれ6年目。

長いまま食べると、よだれでとんでもないことになるので、うちでは毎年切っちゃいます。棒のまま舐めると、なぜか下のほうまでベタベタしてくるんですよね。

f:id:HaruSaki:20181113151349j:plain

 

切るときはキッチンバサミがおすすめ!

f:id:HaruSaki:20181113150617j:plain

はさみで簡単に切れます。ためしに包丁も試してみたら、飴が飛び散ってこなこなが舞って大変なことになりました・・・(;・∀・)

 

時間が経つとなぜかぺたぺたしてくるので、さっそく頂きます。

子どもたちの長生きを祈って(?) みんなで千歳飴をなめました。

意外と美味しかったです。

噛むと歯がとれそうになるけど、たまにはこういう飴もいいかも。

 

ねーねーオレが千歳になったら、ママ何歳?

とか聞かれたけど。おじいちゃんになった息子を想像したらなんだか幸せな気持ちになりました(*´ `)

いいおじいちゃんになれよ、息子。

 

そういえば、去年はあまった千歳飴をキャラメルポップコーンにリメイクしたけど、あんまり上手くいかなかったなぁ。なんというか、飴使うより普通に砂糖使ったほうが美味しくつくれるから・・・リメイクって難しい (;・∀・)

みんな、千歳飴ってどうしてるんだろ?

やっぱそのまま食べるのが一番?

 

整備工場でオイル交換 ☆ やっぱり安くて安心だった!

f:id:HaruSaki:20181112162515j:plain

車のオイル交換をしたいと思いつつ1ヶ月くらいやり過ごしていました(;・∀・)

手っ取り早くガソリンスタンドにでも行こうかとも思ったんですが、やっぱり整備工場がいい!

昨日夕方電話したら「今からいいよ」とのことだったので、子供たちを連れて、いつも車検をお願いしている町の整備工場に行ってきました。

 

整備工場は安心感がちがう!

いつもの整備工場。

安い・早い・安心。

しかも、ねこがいる。

f:id:HaruSaki:20181112171027j:plain

ご夫婦2人でやっている整備工場なんですが、見るからにいいひと。

行くたびに猫が増えている気がします・・・(*´∀`)

 

いつも車検や修理をお願いしているところは、やっぱり安心感が違います!

ガソリンスタンドやカー用品店でもいいんですが、人によってやり方が違かったり、サービスや金額に差があったり・・・( ;∀;)

病院や美容室といっしょで、車のことも毎回同じ人に診てもらえたほうが安心な気がします。

私の行きつけの整備工場はかれこれ10年お世話になっているので、今までのトラブルもすべて把握してるから、車に関することは何でも相談にのってくれます。

 

オイル交換代が思ったより安かった!

f:id:HaruSaki:20181112162413j:plain

2,400円

車は軽のスズキのパレット。

3L 近くオイルを入れて2,400円は、たぶんすごく良心的な適正価格。最安値ではないかもしれないけれど、安い部類に入るのは間違いないと思います!

 

ちなみに「ガソリンスタンド オイル交換代」と検索したら、ほんとピンキリな感じ。

 オイル交換料金=オイル代金(リッター価格×使用量)+工賃

オイルはグレードによって1,000円~3,000円/L、工賃は500円~1,000円くらいが一般的で、軽自動車だと安いオイルでも2,500~4,000円くらいはかかるみたいです。かえってディーラーにお願いした方が会員価格で安くなるみたいですね。

ちなみにスズキのディーラーだと、5回分が1万円でできるそう。300円の入会金でオイル交換が実質2,000円でできるので、頻繁にオイル交換をする人にはこっちのほうがおすすめかも。

世の中には、オイルを特に指定しなかったら超高級オイルを入れられてまさかの高額請求…( ;∀;) というケースもあるそうなので、どこでしてもらうかは結構重要なんですね。

 

オイルの上抜き・下抜き

オイル交換の作業自体は20分くらいでした。

車を身長くらいの高さまで上げて、オイルを下から抜いて、きれいに抜ききってから、車を降ろして新しいオイルを入れる感じ。

整備工場やディーラーだと下抜きが多く、ガソリンスタンドだと上抜きが多いそうです。上抜きだとスポイトみたいなのでオイルを抜き取るとか。下抜きのほうがキレイに抜けそうだけど、それほど差はないみたいです。

古いオイルを抜かずに継ぎ足すという方法もあるそうですが、これはオイルの減りが余程早い場合とかなのかな? オイルがからからの状態で走るよりは継ぎ足したほうがいいだろうけど、どうせならちゃんとキレイに交換しちゃったほうが燃費も良くなるし、車にも優しそうです。

 

まとめ

私はあまり車に詳しくないので、信頼できる車屋さんがいるのはやっぱり安心です。

ガソリンスタンドでもカー用品店でもディーラーでも、どこでもいいと思うんですが、行きつけのところがあるとイザというとき頼れていいですよね。いくら注意して運転していても、思わぬトラブルってたまにあるので・・・

国道で小石飛んできてフロントガラス割れちゃったとか、氷点下の日にエンジンかからなくなっちゃったとか・・・( ;∀;) 

ちなみに私がお世話になっているのは、口コミで知った整備工場。「安くて安心、超いいひと」って紹介されたけど、ほんとその通りでした!

ガソリンスタンドもカー用品店も、ディーラーも、それぞれいいところがあると思うけど、私はやっぱり町の整備工場が好きです。

次回は、マフラー交換(←エンジン音がおかしいと思ってたらマフラーが壊れてた・・・)に行ってきます(;・∀・)!

 

 

子供服がすべて無料 ☆ おさがり交換会に行ってきました!

f:id:HaruSaki:20181110144349j:plain

今日はおさがり交換会に行ってきました!

数年前から毎年、春と秋におこなわれている『おさがり交換会』。

すべて無料のフリマのようなイベントです。

子供が3人いる我が家でも、毎回たのしく参加させてもらっています。

サイズアウトした子供服や使わなくなったおもちゃたち・・・捨てるのはもったいないけど、断捨離もしたい! そんなものをみんなで持ち寄って、あげたりもらったりしています。

もちろん、もらうだけでもOKです!

 

こんなの出してます

今回出したおさがりはこんな感じ☆

紙袋2つ分の子供服と、あとは知育玩具と絵本です。

f:id:HaruSaki:20181110145124j:plain

会場は公民館。

レジャーシートを持ってきて、そのうえに品物を並べておいて、あとは「お好きにどうぞ~」という感じ。

私も品物を並べたら、あとは他のところを見に行くので店番とかはしません。おきっぱです。誰がもらってくれたのかわからないけど、たまに町で「あ、あの服はもしや・・・!」なんて思ってほっこりしてます。笑

気を遣わなくていい、すごく気楽な交換会です。

 

我が家は親戚関係のおさがりの最終地点でもあるので、不要になった子供服やおもちゃを中心に出しています。おさがり交換会でもらったものを、次のシーズンに持ち込むこともあります。汚れがあるものや壊れたものは出品しちゃダメなんですが、ちょっと毛玉があるくらいの服は全然オッケー。みんな貰われていきます。

子供の人数にもよるけど、子供服ってサイズアウトが早いからおさがりでも意外ときれいなんですよね。(ただし、男の子のズボンは例外です(;・∀・) みんな穴開いちゃうからめったに出品されません・・・)

 

うちで誰も使わなくなったものを、誰かが使ってくれるって嬉しいですよね!

町全体で子供服とおもちゃをシェアしている感じ。

とっても楽しいです (*´∀`)

 

主催者も子育てママなんです

イベント自体は子育て支援センターの名前で開催していますが、開催のための手続きは同じように小さい子を持つ子育てママがしてくれています。毎回会場(公民館)を予約したり、お知らせを回してくれたり、ポスター作ってくれたりしています。いろいろ面倒だと思うんですが、いつも開催して頂いてほんとありがたいです( ;∀;)

小さい子向けのアイテムが中心なので、お子さんが大きくなってくるに従って、主催者さんも何度か代替わりしているそう。ひとりに負担が集中しちゃうので、やってくれる後継のママを探すのも一苦労みたいです。

後継者が見つからないと存続の危機になってしまうので、継続的に開催できるように、子育て支援事業の一環として支援センターとか自治体が中心になってやってくれればいいのになぁ・・・なんて思っています(;・∀・)。

 

おさがりもらいました!

今回もらった子供服はこんな感じです!

f:id:HaruSaki:20181110130808j:plain

いっぱいもらいました~!

うちで出したものも、ほとんどキレイさっぱり貰って頂けました!

子供の被服費って意外とかかるから、おさがり交換会は本当にありがたいです。

ちなみに大人が交換会をしている間、子供たちは公民館の別室で遊んでます。子育て支援センターの先生が来てくれて、おもちゃ開放して盛大に遊んでました(*´∀`)

 

まとめ

『おさがり交換会』今回もすごく楽しかったです!

ママ友と個人的におさがりをやり取りしていたこともあるんですが、好みの問題もあるし、気を遣ったりもするので、本当にほしいものだけやり取りできて気を遣わなくていいおさがり交換会は本当に助かってます。おさがりを有効活用できるっていいですよね。

まだ小規模なイベントなんですが、子育てにやさしい取り組みがもっともっと広がるといいな、と思っています☆